教室ブログ

思い出を失いたくないなら【クラウド】

こんにちは!

最近の生徒さんからの質問で
増えているのが、、、

「クラウドって何のことですか?」

です。

 

あなたは
「クラウドサービス」を使ってますか?

 

何となく知ってるけど、まだ使ったことない。
…という人が
多いのではないでしょうか。

 

今回はそれを私なりに解説してみました。

 

すでにご存じの方は
再確認という意味で
読んで頂けたらと思います。

 

こういったことに
抵抗のある方には
つまらないかもしれませんが
お許しくださいね、、、

 

では早速。

 

【クラウドサービス】を一言で表現すると

 

写真・動画・文書など
どんなデータも安全に預かってくれる
ネット上のサービス。

 

です。

 

パソコンやスマホなどは
いつ壊れるかわかりません。
しょせんは機械ですので
当たり外れもあります。

 

たとえば
ハードディスク
(パソコンに内蔵されてる記憶装置)
「寿命は 5年」 と聞きます。

 

5年以上前に買ったパソコンは
いつ壊れてもまったく
不思議じゃないってことです。
けっこう驚きですよね?

 

もし壊れてしまったら
本体に保存していた文書とか写真とか
データはどうなりますか?

 

もちろん「全部パア」ですよね。
めちゃくちゃ時間かけて作った
町内会の案内も、仕事の書面も、

 

子どもの成長を撮りためた写真も
大切な思い出も「全部パア」です。

 

二度と取り返しがつかないのです。
(私の知人で復旧させる業者もいますが
作業料金は一般的に5万円以上します)

 

そうならないためにも
日頃からパソコン本体だけじゃなく

 

USBメモリーなどに
二重に保存しています。
(バックアップ)

 

以前はフロッピーディスク、
CD-RW、DVD-RWなど
記憶媒体も時代の流れと共に
移り変わっていきました。

 

わたしの場合はここ数年
外付けハードディスクに
バックアップしています。

 

これはかなり大容量ですので
動画や写真の保存にも適しています。

 

が、しかし、、、

 

今はそれも古いバックアップ方法
なってしまっています。

 

ところで、
USBメモリーなどの記憶媒体にも
危険性があるのはご存知ですか?

 

寿命があるのです。
数万回の保存に耐えると聞いていますが
実際は、いつ壊れるかわかりません。
運まかせなんです。

 

二度と開けないUSBメモリーに
ショックを受ける生徒さんを
今までに何人も見てきました。
正しい使い方をしているのに…ですよ。

 

他にも
落としてなくした人もいますし、
それを拾った誰かに中味を
見られているかもしれませんし。

 

そのようなセキュリティー面からも
最も今注目されているのが
【クラウドサービス】なんです。

 

使い方はとても簡単で
必要な時にだけ
ダウンロード(取り出し)したり
アップロード(保存)したり
するだけです。

 

これでデータを失くしたり
人に見られたりする事もなくなります。

 

無料でネット上に借りた「私書箱」に
アクセスするだけ…って感じです。

 

ですから
パソコンからでも
タブレットからでも
スマホからでも
ネットにさえ繋がれば
いつでもどこでも操作OKなのです。

 

つまり、
データは自分で管理するより
クラウドサービスに預けた方が
はるかに安全で確実なのです。

 

そういったクラウドサービスには
代表的なものに次の3つがあり
いずれも無料で使えます。

 

マイクロソフト社の【One Drive】
グーグル社の【Googleドライブ】
アップル社の【iCloud】

 

です。

 

わたしは「One Drive」をオススメします。
なぜならWindowsとの相性が良いからです。

 

「One Drive」の保存容量は
5 GB まで無料です。

 

それ以上を希望する場合
月々170円で 50 GB まで増やせます。
(ビジネスプランには無制限もあります)

 

さて、、、

 

具体的な「One Drive」の操作としては
一番のオススメは
マイクロソフト社サイトから
「One Driveアプリ」
パソコンにインストールして使う方法です。

 

これで日々の操作は
名前を付けて保存の際に
パソコン内の「One Driveフォルダー」
を指定するだけになります。

 

「One Driveフォルダー」は
リアルタイムでインターネット上の
データと同期をするので

 

あなたがバックアップを
意識しようがしまいが、
勝手にやってくれるのです。

 

これほど簡単で便利な機能が無料です。
使わない手はないと思います。

 

この機会に検討してみるのもよいと思います。

 

興味はあるけどわからない…
自分で操作できない…
という方は遠慮なくご相談くださいね。

 

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

尚、メルマガ登録して頂いた方には
直接ブログ記事をお届けしています。

↓ ↓ ↓

パソコン教室校長